エクオールサプリメントで更年期障害の症状を緩和

エクオールサプリメントで更年期障害の症状を緩和

善玉菌が好んでエサにするオリゴ糖を摂取すれば腸内フローラを改善したり、体内でエクオールを生成することにもつながるので内側からきれいになって美肌や若返りに効果的です。また更年期障害のサプリメントとしても注目されています。

 

善玉菌の活動をサポート

 

私たちの腸内には何百兆もの腸内細菌が生息していて、その種類は数千に及ぶといわれています。これらをまとめて腸内フローラといい、腸内細菌は大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分類することができます。体のためによいのは善玉菌で、腸内環境を整えてお通じをよくしたり細胞を活性化させて体の機能を高めたり健康を維持するために働いてくれます。悪影響を与えるのは悪玉菌で、有毒な物質を作り出したり肌荒れやストレス、病気の原因になるので食生活が乱れたり体調が悪いときには注意が必要です。日和見菌は何もしないで様子をうかがっている細菌ですが、腸内環境が悪化してバランスが崩れてくると悪玉菌と同じような働きをして体を壊す原因になるので、腸内フローラを改善するためには善玉菌の数を増やすような工夫を心がけましょう。エクオールのサプリメントは更年期障害にはいいのです。

 

 

 

善玉菌を代表するのは乳酸菌で、発酵食品に多く含まれているのでヨーグルトやチーズ、納豆、漬けもの、味噌、キムチなどを食べると普通の食事から効率よく摂取できます。青汁や酵素サプリなども手っ取り早く服用できるので、時間がないときに手軽に栄養補給をしたい人におすすめです。乳酸菌は腸内でオリゴ糖や食物繊維をエサにして増えていくので、発酵食品を食べたときには同時に食物繊維を多く含む野菜や果物、海草、こんにゃく、キノコ類を食材として使ったり、ヨーグルトの味付けにオリゴ糖シロップなどを使うと善玉菌の活動をサポートして効率よく腸内環境を整えることができます。便秘が解消されるとデトックス効果もあって余計な老廃物が排出されるので、肌の細胞が活性化されて美肌になったりシミやシワ、たるみなどを解消して若返りも期待できます。花粉症やアトピーなどアレルギー体質を克服したり、新陳代謝を盛んにして体脂肪の燃焼や免疫力の強化にもつながるので総合的な健康効果があって、ストレスや慢性疲労の対策にも有効です。今の健康状態に不満があるなら腸内環境を見直すことで体質を改善して元気になったり若さを取り戻すきっかけができます。エクオールは自分で作れなくてもサプリメントで補える。

 

積極的に食べたい和食

 

和食には味噌や醤油、漬けもの、納豆など多くの発酵食品が使われていて、バターや生クリームなど動物性の脂分を使わずタンパク質は魚が主体なので洋食に比べるとずっと健康的です。特に注目したいのは豆腐や納豆、枝豆などの大豆製品で、植物性のタンパク質のおかげでヘルシーに栄養補給ができるほか、大豆イソフラボンを摂取できるので美容のためにもさまざまな効能が期待できます。大豆イソフラボンは腸内細菌の力によってエクオールという物質に変化することがわかっています。これは女性ホルモンと同様の働きをする栄養素なので、ホルモンバランスの乱れを抑えて体の機能を正常に保ってくれる効果があります。生理前にイライラしたり気持ちが落ち着かない症状や辛い生理痛、生理不順や不妊、冷え性や不眠症、更年期障害など女性ホルモンと関係のある症状を治療するために有効で、一定年齢以上になって女性ホルモンが減少することで起こる老化も防いでいつまでも若々しくハリのある肌を保ったり、ツヤのある髪や爪を作るためにも役立ちます。

 

腸内フローラが整っている人はいつでも善玉菌と悪玉菌、日和見菌の数のバランスが保たれているので大豆イソフラボンを効率よくエクオールに変換したり、便秘にならずしっかり老廃物や毒素を排出できるおかげで細胞が活発に活動できて体調や肌の調子をベストな状態にすることができます。毎日の食生活は健康と美容に大きく影響するので、脂っこい洋食やファーストフードばかりを食べていたり不規則な食事をしていると悪玉菌がどんどん増えて日和見菌も悪玉菌のような活動を始めてしまいます。健康的な和食を食べるように心がけて、オリゴ糖や食物繊維も摂取すれば善玉菌を増やして腸内フローラを改善できるので体調不良を防いでいつでも元気に生活できます。サプリメントを活用する方法もあるので、忙しくてもなるべく栄養バランスの整った食事をすることを心がけていれば体の内側からアンチエイジングができて若返りにもつながります。腸内フローラの大切さを意識して生活を見直してみましょう。更年期障害にはイソフラボンではなくエクオールサプリメントにしましょう